LuaTeX-jaでhyperref

CareleSmithひとみ
作成

hyperrefパッケージは、PDFに目次(しおり)を作ったり、PDFにハイパーリンクをつけたりするためのパッケージです。

hyperrefパッケージを使って、和文文字を含む目次(しおり)を作成すると、文字化けが起こることが知られています。 それを回避するためのパッケージがpxjahyperです。

しかし、pxjahyperパッケージは、(u)pLaTeX + hyperref + dvipdfmxで作成される場合に使用する パッケージなので、pxjahyperを読み込むとLuaTeXで処理できなくなります。

対処

\usepackage[pdfencoding=auto]{hyperref}または、 \usepackage[unicode=true]{hyperref}というふうに、 hyperrefパッケージを読み込むときのオプションにUnicodeを使うことを指定します。 追加のパッケージを読み込む必要はありません。

それでもうまくいかない場合は\usepackage[luatex,pdfencoding=auto]{hyperref} のように、オプションでドライバを明示的に指定するとうまくいくかもしれません。